User Tools

Site Tools


jp:about:latest

Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

Link to this comparison view

Both sides previous revision Previous revision
Previous revision
jp:about:latest [2013/03/24 13:48]
jp:about:latest [2016/04/16 10:00] (current)
Misakuya [安定版リリース]
Line 1: Line 1:
 +====== OpenWrt のバージョン選択 ======
 +
 +===== 安定版リリース =====
 +
 +[[:​toh:​start|サポートされているデバイス]]から適切なイメージを検索できます。多くの場合、サポートされているデバイスには、最新の安定版ファームウェアをインストールする方法が書かれた詳細ページがあります。
 +
 +あなたのデバイスに対応した詳細ページやビルド済みイメージがない場合、[[doc:​howto:​build|OpenWrt build system]]を参考にしてカスタムイメージをビルドしてください。
 +
 +ファームウェア内のバグは、[[https://​dev.openwrt.org/​newticket|チケットシステム]]から報告してください。同様のバグがないか検索してから、新しいバグを報告してください。
 +====安定版リリース====
 +あなたが初めてOpenWrtを使う場合、最新の安定版リリースをインストールすると良いでしょう。
 +
 +最新の安定版リリースは、2016年3月16日にリリースされたChaos Calmer 15.05.1です。
 +
 +  * ダウンロード:https://​downloads.openwrt.org/​chaos_calmer/​15.05.1/​
 +  * リリースノート:https://​forum.openwrt.org/​viewtopic.php?​id=63415
 +====コミュニティリリース====
 +フォーラムメンバーによるOpenWrtのカスタムイメージが[[https://​forum.openwrt.org/​viewforum.php?​id=16|フォーラム]]で配布されています。
 +====以前のリリース====
 +以前のリリースは、[[about:​history|バージョン履歴]]で見られます。
 +====ファイルの命名====
 +[[doc:​howto:​obtain.firmware.download#​file_naming|ファイルの命名]]の説明と注意事項をお読みください。
 +====開発版====
 +開発部門(trunk) で、Designated Driverと命名された開発版のソースコードが見られます。
 +|{{:​meta:​icons:​tango:​48px-dialog-warning.svg.png?​nolink&​24}}|開発版は開発中の実験的なコードを含みます。そのため、本番用の環境で使うべきではありません。開発版のイメージは新たなハードウェアに対応する可能性がありますが、実験的で不安定であり、コンパイルできないことがあります。|
 +開発版はソースからビルドできます。
 +  * [[https://​dev.openwrt.org/​browser/​trunk|Buildrootソース]] ([[https://​dev.openwrt.org/​log/​trunk|最近の変更]])
 +  * [[https://​dev.openwrt.org/​browser/​packages|パッケージソース]] ([[https://​dev.openwrt.org/​log/​packages|最近の変更]])
 +また、ビルド済みスナップショットが利用できます。[[http://​buildbot.openwrt.org:​8010/​|ビルドボット]]がインストールに使える最新のスナップショットを保存しています。
 +  * [[http://​downloads.openwrt.org/​snapshots/​trunk/​|スナップショットイメージ]]
 +
 +|{{:​meta:​icons:​tango:​48px-dialog-warning.svg.png?​nolink&​24}}|開発版ビルド済みイメージには、GUIのWebインターフェースは含まれません。必要な場合は、コマンドラインとリモートシェルを使ってインストールしてください。詳しくは[[doc:​howto:​luci.essentials|LuCIのインストール方法]]をご覧ください。|
 +
 +ビルドプロセスは自動化され十分に機能しています。しかし、古いバージョンのものをインストールしないよう、ダウンロードの前に**ファイルの日付を確認すること**を強くおすすめします。
 +
 +OPKGパッケージマネージャーのパッケージリストが古すぎると表示された場合、プラットフォームやパッケージが数日分古いために、ビルドボットが動作しなかった可能性があります。
 +
 +ビルドボットはパッケージビルドの失敗を報告します。これにより、開発者は発生する可能性があるエラーについてフィードバックを得られます。trunkでパッケージが利用できないことを疑問に思ったときは、あなたのプラットフォームの[[http://​buildbot.openwrt.org:​8010/​broken_packages/​|壊れたパッケージ]]リストを確認してください。
 +
 +ar71xxの例:[[http://​buildbot.openwrt.org:​8010/​broken_packages/​ar71xx/​]]
 +===== Older Releases =====
 +
 +==== Backfire 10.03.1 ====
 +現在の安定版ブランチは **Backfire** で、最新リリースは **OpenWrt 10.03.1 '​Backfire'​** です. バイナリおよびソースコードは以下にあります:​
 +
 +  * [[http://​downloads.openwrt.org/​backfire/​10.03.1/​|イメージファイル]] (ダウンロード)
 +  * [[http://​downloads.openwrt.org/​backfire/​10.03.1/​README|リリースノート]]
 +  * [[https://​dev.openwrt.org/​milestone/​Backfire%2010.03.1|変更履歴]]
 +  * [[https://​dev.openwrt.org/​browser/​tags/​backfire_10.03.1|SVN タグ]]
 +
 +==== Others ====
 +
 +Please visit [[about:​history|the version history page]] for an overview of previous releases.
 +
 +===== Bleeding Edge =====
 +
 +The **trunk**, currently named "​Barrier Breaker",​ is where the current coding happens. It supports more hardware but sometimes doesn'​t compile. It can be built from sources:
 +
 +  * [[https://​dev.openwrt.org/​browser/​trunk|Buildroot Sources]] ([[https://​dev.openwrt.org/​log/​trunk|Recent Changes]])
 +  * [[https://​dev.openwrt.org/​browser/​packages|Package Sources]] ([[https://​dev.openwrt.org/​log/​packages|Recent Changes]])
 +
 +Or some limited snapshots are available, though it's highly advisable that you **check the dates on the files** before downloading them:
 +
 +  * [[http://​downloads.openwrt.org/​snapshots/​trunk/​|Snapshot Images]]
 +
 +
 +===== Choosing =====
 +
 +At any time, there are two version of OpenWrt available for download: the latest stable version or the latest nightly build known as the bleeding edge version (Barrier Breaker). There are advantages and disadvantages to each choice.
 +
 +First, there is the usual difference that the nightly build contains all latest updates and fixes, and allows you to use all OpenWrt features currently supported on your router. However, this also means you could hit a bug which was only recently introduced and has not been fixed yet. The release is tested more thoroughly, and is usually safer. Generally, if you wish to play it safe, install the release; if you wish to experiment and write custom scripts, install the nightly build.
 +
 +Secondly, there is a small difference you might notice between these versions: As the release is more polished, you will have the Luci web interface installed by default, whereas with the bleeding edge version you need to install it via SSH yourself. This confirms once again the nightly is tailored for the adventurous type, where as the release is safer and easier.
 +
 +Once you have decided which version you are going to install, grab the image from the download server.
 +
 +For the release, go to: http://​downloads.openwrt.org/​backfire/​10.03.1/​ar71xx/​ (substitute 10.03.1 with the latest version of the backfire release, if necessary substitute backfire as well with the name of the latest release).
 +
 +Next, decide if you wish the squashfs or jffs2 version. The difference being the squashfs version uses a read-only file system with a read-write overlay; and the jffs2 version uses a read-write file system. In the end, you can make modifications to both versions, but you are either making it straight on the file system or on the transparent overlay. The overlay version (squashfs) is slightly safer, where as the jffs2 version is more powerful. For normal usage, squashfs is more than enough.
 +
 +Finally, decide which version you need:
 +
 +  * If you are going to install via the normal OEM firmware upload, grab the file with "​factory"​ in the name, e.g. ''​openwrt-ar71xx-generic-wrt400n-jffs2-factory.bin''​
 +
 +  * If you already have OpenWRT and you wish to upgrade while keeping your settings, use the file with "​sysupgrade"​ in the name, e.g. ''​openwrt-ar71xx-generic-wrt400n-jffs2-sysupgrade.bin''​
 +